東京アカデミー人気講師による国家試験対策講座

東京アカデミー人気講師による国家試験対策講座

東京アカデミー人気講師による国家試験対策講座TOPへ

7月

「人体の構造と機能」

多くの人が苦手意識を持っている『人体の構造と機能』ですが、根拠を持った看護につなげるためにはとても重要な科目!身体のしくみの理解が進むととても面白くなる分野でもあります。
今月は50問の○×特訓問題もありますので「何でだろう?」と思った箇所は、自分でさらに調べて夏休みの間に基礎をしっかりと押さえていきましょう♪

  • 問題1
  • 問題2
  • 問題3
  • 問題4
  • 問題5
  • 問題6
  • 問題7
  • 問題8
  • 問題9
  • 問題10
  • コラム

問題1

減数分裂について正しいのはどれか。
  • 1. 男性だけに生じる。
  • 2. 性染色体で生じる。
  • 3. 体細胞の分裂の様式である。
  • 4. 染色体数が、分裂前の半分になる。


解答の上にマウスを合わせると解答をご覧いただけます

問題のポイント

体細胞分裂と減数分裂の違いを押さえておこう。



解説 精子と卵子は、46本ある染色体を減数分裂により半分にし、精子と卵子に含まれるそれぞれ23本の父由来と母由来の染色体を受け継いで、46本の染色体をもつ受精卵となる。

  1. ×…男性にも女性にも生じる。
  2. ×…すべての染色体で生じる。
  3. ×…生殖細胞の分裂様式である。


Check & Check

■ 体細胞分裂と減数分裂

体細胞分裂と減数分裂

問題2へ

病院検索はコチラ

東京アカデミーMedian病院合同就職説明会 東京アカデミーMedian病院合同就職説明会

Median就職ガイド 無料で年3回発行 Median就職ガイドを無料でお届け

Pick Up Hospital さまざまなナースによる看護のカタチを徹底レポート

東京アカデミーの書籍販売ページへ 東京アカデミーの講座で使用する教材を販売中!

このページのトップへ