もう迷わない 就活の基本ステップ

もう迷わない 就活の基本ステップ

もう迷わない 就活の基本ステップ トップへ

  • Step1
  • Step2
  • Step3
  • Step4
  • Step5
  • Step6
  • Step7
  • Step8
  • Step9
Step7-2
面接のポイントを押さえよう!

採用試験において、最も重視される面接試験。
まずは相手に失礼のないよう基本的なマナーをおさえることが大切。そして面接中は、
採用担当者の質問の意図をきちんと理解して、自分の思いをすべて伝えましょう。

素直に自分の言葉で表現しよう

面接は誰でも緊張するもの。自分を飾ることなく、素直に自分の思いや考えを伝えていきましょう。
病院の採用担当者が知りたいのは「あなたがどんな人か」ということです。仕事に対する意欲、看護についての考え、職場での適性などを判断するために、いろいろな質問をしてあなたの内面を見ています。採用担当者がその質問から何を見ようとしているのかをしっかりと捉えて、具体的な事例などを挙げて答えられるようにしておきましょう。
学生時代の経験や志望病院の特徴などを整理してまとめておくと、緊張していても自分の思いを伝えやすくなります。
マニュアル通りの答えでは、マイナスの印象を与えてしまうもの。想定される質問にはある程度答えられるように頭の中で整理して、自分の言葉で質問に答えましょう。
大切なのは、素直に自分を表現すること、病院に対する熱意を伝えることです。

面接試験の基本マナー

1まず控え室で、名前を呼ばれる
控え室では、自分の名前が呼ばれるまで静かに待ちます。必要以上に他の受験者と話をしたり、居眠りやマンガを読むことは禁物です。携帯電話(スマホ)の電源も切っておきましょう。名前が呼ばれたら「ハイ」とはっきり返事をして面接室へ向かいます。
2ドアを3回ノックしてから入室
いよいよ面接室へ。緊張感がピークに達する瞬間ですが、大きく呼吸して落ち着きを取り戻しましょう。軽くノックを3回。「どうぞ」という声が聞こえてからドアを開けます。
3入室後、すぐに「失礼致します」の一言を
ドアは面接官に完全にお尻を向けないよう、不自然にならない程度にドアの方を向いて閉めます。面接官に向き直り、姿勢を正し、「失礼致します」とはっきり言って一礼してから椅子の横へ向かいます。
4学校名、名前を言い、「よろしくお願い致します」のあとに一礼を
「○○大学・看護学校の○○○○です。よろしくお願い致します」と挨拶をします。はっきり発音するのを心がけ、気持ちゆっくり話すのがポイントです。発する声のトーンはファかソの音を意識すると通りやすく美しい声になります。一般的な挨拶で美しく見えるお辞儀の角度は30度くらいです。
5「どうぞ」の言葉の後、「失礼致します」と言ってから着席
椅子の左側に立ち、面接官の一言がある前に着席しないようにします。座る前に「失礼致します」と一言付け加えるのを忘れずに。荷物は椅子の脇に置き、背筋を伸ばして腰をかけ、手はひざの上に置きます。ひざは男性は少し開き気味、女性はひざ頭をつけ足先はきちんとそろえましょう。
6「~です」「~ます」など答えは語尾まで自信を持ってはっきりと
質問に答えるときは、相手の目もしくは口の辺りを見ます。質問した相手の方を見て話しましょう。 また、「~かなと思う」といった曖昧な表現をせず、はっきりと言い切る形で自分の意見を伝えましょう。ダラダラ話さず、結論から話すと相手に簡潔に伝わります。
7「他に何か質問はありませんか」と言われたら、疑問点などを質問
病院に対する関心が表れるので「特にありません」と言うのは避けたいものです。事前にしっかりと病院研究をして、質問を1~2個は考えておきましょう。
8「これで終わります」と言われたら「ハイ」と言ってすぐ椅子の横に立つ
あまりの緊張で椅子から立つときヨロッとなる人が多いのですが、自然に立ちましょう。
9「ありがとうございました」と言って一礼。ドアまで歩き、向き直る
最後まで気を抜かずに、はっきりとお礼を述べて一礼します。ドアの前まで行ったら、そのまま退室せず向き直り、挨拶を忘れずに行います。
10最後に「失礼致します」と言って、お尻を向けないようにドアを開け、静かに退室
これといって難しいことではありません。当たり前のことですから、考えずにスムーズにできるよう何度も繰り返し入退室の練習をしましょう。

敬語の使い方

動詞 謙譲語 尊敬語 丁寧語
言う 申し上げる おっしゃる 言います
聞く うかがう・お聞きする お聞きになる 聞きます
見る 拝見する ご覧になる 見ます
する いたす される・なさる します
いる おる いらっしゃる います
行く うかがう・参る いらっしゃる・
おいでになる
行きます
もらう いただく お受けになる もらいます
知る 存じ上げる ご存知・ご承知 知ります
会う お目にかかる・
お会いする
お会いになる 会います
思う 存じる 思われる・
お思いになる
思います
間違えて使っている人いないかなー?

面接質問事項チェックリスト

押さえておきたい質問と、その質問に対する考え方をチェック!

【志望理由について】

□希望の診療科は?

  • ・自分の看護観や目標を踏まえ、その診療科でどのように貢献したいと考えているか述べる。
  • ・自分の希望に固執せず、幅広く看護を学ぼうという姿勢も大切。

□どのような看護師になりたいか?

  • ・『優しい、明るい、信頼される』など一般的なものでなく、具体的に理想の看護師像について述べる。病院の理念や方針とうまく結びつけるとよい。

【本人について】

□困難にぶつかった時の対処法は?

  • ・困難を乗り越えるために考えたこと、行動したことを具体的に説明する(学校受験など誰もが経験しているようなエピソードは避ける)。

□自分は看護師に向いているか?

  • ・自分の長所や具体的なエピソードを踏まえ、どんなところが看護師に向いているかを述べる。

【その他】

□実習で学んだこと・感じたことは?

  • ・具体例を交えて『患者さんの気持ちに寄り添う』など精神的な面以外に、知識や技術的な面からの学びも話せるとよい。

□最近気になるニュースは?

  • ・医療問題については感想や意見まで求められることもあるため、自分なりの答えを考えておく。

Step7-2のまとめ

態度、言葉遣い、身だしなみ。
普段から気をつけて過ごそう!

面接だからと言って急にとりつくろっても、人事のプロである採用担当者にはお見通し。話し方や考え方、一つひとつの動作に、人柄ってあらわれるものなんだって。これだけは一夜漬けでは無理だから、日頃から意識して過ごしていこう。

使っちゃダメ!学生言葉

  • 看護方針「とか」、理念「とか」~
  • 楽しそうに働いている「って感じで」
  • 実習が、「超」大変だったので
  • ~「ってあるじゃないですか」
  • 私「的」には、「やっぱ」看護師って
次回予告
次回予告

面接はどうしても緊張しちゃうけど、できるだけリラックスして
素直に話すことができればいいな。みんなも頑張ってねー!
さて、次回のテーマは「小論文のポイントをつかもう」だよ。
そう、採用試験は面接試験だけではないのです。
傾向と対策、きっちりおさえて内定をめざそう〜!

Step8-1へ

  • Step1
  • Step2
  • Step3
  • Step4
  • Step5
  • Step6
  • Step7
  • Step8
  • Step9


page
top

病院検索はコチラ

東京アカデミーMedian病院合同就職説明会 東京アカデミーMedian病院合同就職説明会

Median就職ガイド 無料で年3回発行 Median就職ガイドを無料でお届け

おすすめ病院情報 各病院の特長がわかる、おすすめ病院情報

Pick Up Hospital さまざまなナースによる看護のカタチを徹底レポート

東京アカデミーの書籍販売ページへ 東京アカデミーの講座で使用する教材を販売中!

このページのトップへ