掲載病院一覧

看護師

一般財団法人 精神医学研究所

東京武蔵野病院

精神科医療のパイオニア

[ 所在地 ]
〒 173-0037   東京都板橋区小茂根 4-11-11
[ 電話番号 ]
03-5986-3111
[ ホームページ ]
http://www.tmh.or.jp/
病院紹介

精神科を主体に救急、急性期治療、亜急性期、慢性期、認知症治療、一般科(身体合併症)など12病棟683床で構成。
一般科の技術研修にも力を入れ、心も身体も診れる看護師の育成を目指し充実した研修を行っています。
※池袋駅より地下鉄で6分!アクセス良好!
※資料請求の方に病院紹介VTR配信中!スマホで視聴可能です。

資料請求

病院概要

開設年 1943 年 4 月 4 日
院長 原 尚之
副院長・看護部長 久保 文子
病床数 683床
精神科救急病棟(2病棟・87床)
精神科急性期治療病棟(2病棟・120床)
精神科亜急性期病棟(3病棟・190床)
精神科慢性期病棟(2病棟・120床)
特殊疾患病棟(1病棟・62床)
老人性認知症治療病棟(1病棟・55床)
一般科身体合併症病棟(1病棟・49床)
職員数 645名
(うち看護師292名)
診療科目 精神科、心療内科、内科、外科、脳神経外科、整形外科、循環器科、消化器科、放射線科、皮膚科、歯科、歯科口腔外科
看護配置 10 : 1
(10:1、13:1、15:1)
備考 外来患者/432名(1日平均)※デイケア含む
入院患者/613名(1日平均)
看護新人教育プログラム(CN1レベル・新人) 学生から看護師になって、はじめは誰もが不安でいっぱい。そこで、技術面はもちろん、メンタル面もしっかりサポートします。臨床現場で必要なスキルは技術研修や病棟OJTなどでしっかりマスター。

入職3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月に行うフォローアップ研修では、成長を確かめ目標設定し、同期と情報交換する場も設けます。

「ひとりじゃない」と勇気づけられ、みんなと気持ちを共有することが次へのステップへのパワーになります。
看護部教育プログラム ・クリニカルラダー制度を導入し、個々の看護師が目標をもってスキルアップできるようになっています。ラダーレベルアップのための多彩な教育支援があり、個々の学習スタイルに合わせて選ぶことができます。

・各レベル毎に、ラダーの3つの柱(看護実践能力・マネジメント能力・自己研鑽、自立)に関する教育プログラムを展開しています。

・新人看護師対象に基礎看護技術の習得がしっかりできるよう4月~6月の3ヶ月間にわたり技術演習を集中的に行います。また、プリセプターシップ制をとって、先輩看護師による病棟内での教育体制も整えています。

・病棟師長による目標管理面接を定期的に行っています。師長との対話を通して自身の看護師としての在り方を振り返り、仕事に対する夢や目標を見つける支援をします。またクリニカルラダー評価表を活用しながら、目標達成までの具体的計画・実施・評価の支援も合わせて行います。

・大学教員によるゼミやCNS・CNによる専門的技能のスキルアップを図りたい中堅~ベテラン看護師対象のプログラムも豊富に用意されています。
担当患者さまのアセスメント及び看護計画の立て方についての教育支援 セルフケア看護理論に則って、担当患者さまの看護問題を査定でき、個別性のあるケアプランを立案できることを目的に、以下のような教育カンファレンスを実施しています。
新人Nsの記述した情報・査定・看護計画について、先輩Nsも参加するカンファレンスでより個別性の高い看護計画に仕上げていきます。
看護計画の評価をカンファレンスを通じてチームNsとともに行います。
急変時対応研修 入職時においても急変時の対応について研修(集合研修で基本的技術を習得する形式)を行いますが、実際に急変が起こるのは病棟の場ですから、いざという時に少しでも慌てないで対応できるよう各病棟でもOJTを行っています。(病棟医師も参加して年2回以上)
暴力防止プログラム(CVPPP) 東京武蔵野病院では2004年より暴力防止プロジェクトを開始し、2011年に医療安全管理委員会の下部組織の暴力防止プログラム会議となり、医療安全の1つの柱を担っています。この活動は包括的暴力防止プログラム(CVPPP)を基盤とし、組織横断的な活動をしています。
初年度の暴力の実態調査を基に以下の2点について継続的な活動を行っています。
1.暴力の発生が起こりにくい治療環境、病院文化の整備
・日常的な安全点検の導入
・応援体制のシステム化
・緊急通報システムと応援体制のフローチャート化
・緊急応援体制の集合研修
・不審者発見時の対応と情報共有のフローチャート化
2.暴力防止に必要な知識・技術の普及
多職種で構成された安全管理プログラムトレーナーを中心に暴力防止に必要な知識・技術の普及をおこなっています。特に新入職者や中途採用者向けには「暴力の予防法を身につけ、安全に対処する」ことを目的とした集合研修を開催。また当院入院患者の特性、暴力事故発生状況からオリジナルの暴力リスクアセスメントツールを開発、導入し暴力リスクに対する知識の定着と観察の標準化を図っています。

資料請求

病院検索はコチラ

東京アカデミーMedian病院合同就職説明会 東京アカデミーMedian病院合同就職説明会

Median就職ガイド 無料で年3回発行 Median就職ガイドを無料でお届け

おすすめ病院情報 各病院の特長がわかる、おすすめ病院情報

Pick Up Hospital さまざまなナースによる看護のカタチを徹底レポート

東京アカデミーの書籍販売ページへ 東京アカデミーの講座で使用する教材を販売中!

このページのトップへ